バツイチ 出会い

先日、このようなご相談をいただきました。

こんにちは。私は、30代のバツイチ子持ちです。

子供が1歳になる時に離婚して、その後1度だけ彼氏ができましたが、長続きせず・・・
それ以来、もう何年も彼氏がいません。

40歳になる前に素敵な人を見つけたいのですが、出会いがなくて困っています。

このように、「バツイチ子持ちで、出会いがない」という相談がすごく多いです。

「良い出会いがあればいいな」
「いつか再婚したいな」

と思っているけど、どうしたらいいかわからない!
と悩んでいる方がたくさんいます。

子供を一人で育てながら出会いを作るって、本当に大変ですよね・・・。

そこで、バツイチ子持ちの出会いの作り方や再婚するためにやるべきこと、
本当に再婚できるのかについてまとめてみました。

バツイチは出会いの敷居(ハードル)が高い? その理由は?

一度離婚した女性の再婚率は、約45%と言われています。つまり、二人に一人は再婚できているわけです。
しかし、これは子持ちの女性のみを対象にしていません。子持ちのみに絞るとさらに低い割合になると思われます。

では、何故バツイチ、子持ちは再婚がしづらくなるのでしょうか。解説していきます。

バツイチということで警戒されがち

結婚相手がバツイチと聞いた時、まず気になるのは「どうして離婚したのか」ということです。

性格の不一致だったのか、浮気だったのか…その原因はどちらにあったのか。
例え一方に非があったとしても、「お互いに原因があったのでは」と考える人も多く、相手を知るという意味でも離婚理由を気にする人は少なくありません。

その場合は、お互いが納得するまで話し合うしかありません。

また、結婚相手とは話し合いで解決しても、その親が嫌がって結婚できないというケースも多いようです。
バツイチに対する世間の目はだいぶ変わってきましたが、特定の世代には「結婚生活に失敗した」というイメージが強く残っています。

子持ちの場合はさらにハードルが上がりがち

このグラフは、結婚相談所楽天オーネットが実施した「結婚相手が再婚で子どもがいる場合の抵抗のない年齢」の結果です。

見て分かる通り、約4割が再婚相手に子どもがいないことを望んでいます。
その理由としては、

・気持ちの整理がつかず、接しづらい
・思春期の子どもを傷つけてしまいそうで怖い

ということが挙げられています。

再婚後の子どもの付き合い方を考えると、二の足を踏んでしまう人は多いのが実情です。

でも..バツイチでも出会いが欲しい!出会いのきっかけはどこで作る?

しかし、バツイチだから、子持ちだから再婚出来ないということはありません。
結局は、それらを受け入れてくれる良い出会いがあるかどうかということです。

では、出会いは何処で見つければいいのでしょうか。解説していきます。

自然に出会う

スポーツジムやボランティア活動など、様々な人が集まる場所は多くの人と出会う場でもあります。
つまり、好みの相手を見つけるチャンスでもあるわけですね。
また、同じことに取り組むため仲間意識が生まれやすく、話題も共有しやすいため会話も続けやすいでしょう。

もっと積極的にいきたい! という人には街コンもオススメ。
今ではオタク向けの街コンが開かれるほど幅の広いものに成りつつあります。
集まる人のカラーはイベントごとに異なるため、自分にあったものに参加しましょう。

ネットで出会う

所謂「出会い系」を使って出会う方法です。
出会い系=如何わしい、という時代は過ぎ去り、今や有名企業も参加する市場となっています。

ゼクシィ縁結び

例えば、有名ブライダル雑誌のゼクシイが運営するゼクシィ縁結びは、真剣に結婚を考える男女が集まっています。
登録・利用にはFaceBookが必須のため、相手の素性をよく知った上で相手を探すことが出来ます。
ゼクシィ縁結び

管理人

真剣に結婚を考えている人にはゼクシィ縁結びがオススメ!
詳しくはこちらから。
ゼクシィ縁結びの評判・使ってみた感想はこちらからチェック!

マッチ・ドットコム

早く結婚したいと考えているにはマッチ・ドットコムがオススメ。
世界25カ国で利用されている人気アプリで、結婚を考えた真面目な出会いを求める人が多いです。
出会ったカップルの44%が1年の内に結婚しているというデータも。

管理人

マッチ・ドットコムについて詳しくはレビューページへ。
マッチ・ドットコムの評判・口コミはこちらからチェック!

このように、ネットでの出会いは多様化しており、様々なサイト・アプリが存在します。
その中から自分に必要なものを選択し、利用するといいでしょう。

バツイチの人用のマッチングサービスも有り!

マリッシュ(marrish)は恋活・婚活者向けのマッチングサービスです。

バツイチ・シングルマザー、ファザーの場合ポイント増量などの優遇があり、利用しやすくなっています。
そのためバツイチのユーザーが集まりやすく、バツイチ同士ということでお互いの事情が理解しやすく、再婚に結びつきやすいようです。

再婚するためにすべきこと

再婚を目指すためには、

・自分を心身ともに磨くこと
・出会いのために行動すること

が必要です。

バツイチであることはハンデですが、逆に長所に変えることも出来ます。
「離婚したということは、一度は好きになって貰えた人」とバツイチを肯定的に見る人もいるのです。

しかし、そこで自身に魅力が無ければ意味がありません。
チャンスをものにするためにも、外見だけでなく内面も磨きましょう。

そして、そのチャンスを見つけるためには行動することが必要です。
先程紹介した方法のどれか一つでも試してみましょう。
チャンスは待っていても訪れることは無いのですから。

このまま出会いが無いと…

まだ結婚出来る年齢だし慌てなくても…と考える人もいるかもしれません。
実際、日本の初婚年齢は年々上昇しており、2015年では男性が31.1歳、女性は29.4歳です。

しかし、年齢を重ねるほど結婚に要求される要素は増えていきます。
同じ条件なら若い人と結婚したいと思う人は多いからです。

そのため、歳を重ねてから慌てて相手を探しても、気に入った相手が見つからない・声を掛けられないということが起きます。
その結果、妥協した相手と結婚、そもそも未婚のまま過ごしていく…ということに成りかねません。

結婚を考えているなら、行動できる時に行動する必要があります。
結婚できる人とできない人の差は、「結婚したい」という思いを行動に移せたかどうかです。
後悔しないためにも、出会いのチャンスは積極的に探していきましょう。