高校生の時は、大学受験のために勉強漬けの日々。
「大学に合格したら、彼女作って遊びまくるぞ!!」って意気込んでいたのに、いざ入学してみたら出会いが全然ない・・・。

こんな人、いませんか?
僕は理系の大学だったので、まさにこの通り。

出会いがいっぱいどころか、女の子が全然いない!
入学式当日は、男ばかりの光景がせつなかったです・・・。

でも、そんな僕でも彼女を作ることができました!
(ちなみに僕は、長身でもイケメンでもありません。お金持ちでもないです。笑)

理系出身の僕だからこそできる、「出会いを増やすためのアドバイス」をお教えします!

まずは身なりを整えよう~地味すぎてもダメだがチャラ過ぎてもダメ。

「男ばっかりだし、どんな格好でもいいでしょ」と思っている人、ダメです!

女の子が少ないといっても、大学に出会いが全くないわけじゃありません。
僕は、入学してしばらくしてから「こんなかわいい子、うちの大学にいたの!?」という女の子を見つけました。
全身毛玉だらけのスウェットを着ていた僕が後悔したのは、言うまでもありません・・・。

それに、出会いは大学以外にもあります。

例えば、通学電車や通学バス。
こういう場所って、意外と他の人から見られていたりするんですよね。

小さな出会いのチャンスをムダにしないためにも、身なりを整えることは大切だということです。

ただし、女の子にモテようと思ってチャラい系のファッションにならないように気を付けてください。
チャラい男がモテたのは、一昔前の話です。

今は、チャラい=モテるの方程式は成り立ちません。

シンプルだけどおしゃれ、カジュアルだけどきれいめ。
大学生には、そんなモテファッションがおすすめです。

買いやすい価格帯だとnano・universeやUnited Arrows、ちょっと奮発するならBEAMSなんかがいいと思います。
どれも定番のブランドですが、定番だからこそ「あっ、〇〇のじゃん!」と周りにも気が付いてもらえるので。
会話のきっかけにもなりますし、オシャレに気を使っている感じもアピールできますよ。

サークルに入ろう!!

大学内で出会いを見つけるなら、サークルに入るべきです。
サークルに入っておけば、自然と出会いが増えます!

マイナビが調べた「かわいい女の子が多いサークルTop5」の結果をご紹介します。

1位 テニス
2位 ダンス
3位 チアリーディング
4位 吹奏楽
5位 軽音

うーん。
無難なのはテニスあたりかな~という印象です。

チアリーディングは女の子しか入れないし、吹奏楽やダンスも未経験だと難しいですよね。
楽器を演奏できるとか、歌がめちゃめちゃ上手いというのなら軽音でもいいかもしれませんね。

サークル内で出会いを求めるなら女の子の多いサークルがいいですが、それが難しい場合はとりあえず何かのサークルに入っておくというのもアリです。
自分の所属サークルが男ばかりだとしても、友達の紹介で他サークルの女の子と出会えることもありますから。

まずは大学内にどんなサークルがあるのか、どんな人が所属しているのかをさりげなくチェックしておきましょう。

アルバイトをやってみよう!

大学に女の子が少ないのなら、アルバイトを始めてみましょう!

アルバイトをすれば、いろんな女の子と出会うチャンスがあります。
しかも収入も増えるので、遊ぶお金も手に入って一石二鳥です。

出会いが多いアルバイト先をまとめましたので、参考にしてみてください。

・カフェ
カフェは、女の子人気が高いです!
おしゃれなカフェなんかだと、可愛い女の子がたくさんいそうですよね。

・居酒屋
高校生や大学生のアルバイトがすごく多いですし、バイト仲間で付き合っているという人も結構います。(僕の友達もそうでした)
タバコのニオイが平気&夜遅くまで働くのに抵抗がなければオススメです。

・イベントスタッフ
派遣会社に登録しておいて、週末だけイベントスタッフとして働く方法もあります。
前に出る仕事というだけあって、登録しているのは社交的な女の子が多いです。
当日になるまでメンバーはわかりませんが、気の合う女の子と出会えればラッキー!

・コンビニ
シフトが組みやすいので、大学の勉強と両立したい人向きです。
平日夜間や休日は学生アルバイトが多いですが、平日昼間はパートのおばちゃんなんがメインなので要注意。

この4つのアルバイト先は、女の子に出会える確率が高いです。
ただし、出会いを求める「男」も多いので、競争率が高いのは覚悟してください!

女の子に積極的に話しかけたり、連絡先を聞いたりできる人にはオススメです。

他学部の友達を増やそう!

大学入学状況を調査した結果によれば、大学全体の男女比は「男55.9%、女44.1%」です。

男女比をさらに詳しく学部で見てみると・・・
・工学 男86.4%、女13.6%
・理学 男73.2%、女26.8%
・教育 男41.1%、女58.9%
・人文科学 男34.5%、女65.5%
・芸術 男29.1%、女70.9%
※参考
学校基本調査 平成27年度 高等教育機関《報告書掲載集計》「関係学科別 大学入学状況」

理系に女の子が少ないのは分かっていましたが、まさかこんなに男女比に差があるとは!

でも、ここで諦めるのはまだ早いですよ。
この調査によれば、大学全体の男女比は「男:女=1:1.3」。

つまり、他学部(文系)の友達ができれば出会いのチャンスが広がるかもしれないということです。

自分の学部でいい出会いがないという人は、全学部共通の授業を積極的に受講して、他学部の友達を作ってみてはいかがでしょうか。
もしかすると、他学部の女の子と付き合えるかもしれません。

友達がなかなかできない場合は..

「そこまで仲のいい友達がいない」
「なかなか気の合う友達が見つからない」
「自分から友達を作るのが苦手」

という人は1人で参加できる街コンに参加したり、趣味や習い事を始めるという手もあります。
周りの予定を気にしなくていいので、自分のペースで出会いを探したい人にピッタリです。

出会いがないし、友達もいない..1人でもできる出会いの作り方は?

学恋パーティも良いかも◎

最近登場した「学恋パーティー」も、気軽な出会いの場としてオススメです。

学恋パーティーというのは、学生限定のパーティーです。
50~60人の小規模なパーティーから、200人を超える大規模なパーティーまでいろいろあります。

1人1人と話す時間が限られるので、短時間で自分をアピールできる人向きですね。
ちなみに学恋パーティーで女子人気が高いのは、かっこいい人(そりゃそうだろ!って感じですけど)、盛り上げ上手な人、オシャレな人だそうです。

僕が学生の頃は少人数の合コンや飲み会がメインだったので、こういう学生限定のパーティーイベントがあるのは羨ましいですね。
1回のチャンスで、より多くの女の子に出会えるわけですから。

ただし、学恋パーティーは友達と2人1組で参加しなければいけません。

一緒に行ってくれる友達がいればいいですが、いない場合は「1人で参加できる街コン」に参加するか、他の出会いルートを探すしかないですね。
※参考
https://gakuseikon.com/column/deai/

最終兵器は恋活アプリ!

いろいろ試したけど出会いがない、そんな時の最終兵器は恋活アプリです!

「大学でかわいい女の子と出会って、仲良くなって・・・」というキャンパスライフを夢見ている人は抵抗があるかもしれませんが、今はネットの出会いは普通です。

SNSが普及したこともあって、若い世代はネットの出会いに抵抗がありません。
ごく普通の女の子が気軽に登録しているから、一昔前みたいに「ネットの出会い=危険」とは限らないんです。

※リンク

ネットでの出会いはもはや常識!?良い出会いってあるの?

僕の親世代なんかだと「ネットの出会いは18歳以上じゃないの?」なんて言ったりしますが、そんなことありません。
(というか年齢制限を設けているところは、いかがわしいサイトの可能性が高いです。こういうところはトラブルも多いのでサイト選びは慎重に!)

最近は、大学生でも登録できる恋活アプリが多いです。

恋活アプリが多すぎてどこに登録したらいいか分からない!って人は、この記事が参考になりますよ。

僕が登録したマッチングサービス5社とその特徴まとめ。

ここで紹介している恋活アプリは、どれも登録料は無料です。

実際に女の子と連絡を取ろうと思ったら有料会員にならないといけないのですが、「どんなサイトなのかな?」とか「どんな女の子がいるのかな」っていうのを見るだけならまずは無料登録だけするといいと思います。

アプリによって登録している女の子の雰囲気も違うので、最終的に気に入ったところで有料登録するのがおすすめですよ!