日本結婚相談所連盟の調査によると、結婚相談所の登録者数は年々増えています。
しかも登録者数だけじゃなく、実際に結婚できた人の割合も毎年増えているんです!

「出会いがない」「なかなか結婚できない」という時代に、成婚率がどんどん上がっているのはスゴイことですよね。

ここでは本気で結婚を考えている人のために、結婚相談所の出会いのメリットとデメリットをまとめました。
結婚相談所の成婚率が高い5つの理由もご紹介します。

<中見出し>結婚相談所での出会いは質が高い?メリットまとめ!

「なかなか結婚できない!」と嘆く人が多い現代で、なぜ結婚相談所の成婚率が高いのか不思議ではありませんか?

偶然でしょうか?
それともまさか、成婚率のねつ造!?

いえいえ。結婚相談所の成婚率が高いのには、ちゃんと理由があるのです。

なかなか結婚できない時代だからこそ、結婚相談所を利用すべき5つの理由をご紹介します。

1.結婚したい人とだけ出会える
街コンや飲み会で出会う人は、ただ恋人がほしいだけかもしれません。
もしくは異性の話し相手や友達が欲しいだけの可能性もあります。
だから、いい出会いがあって付き合えたとしても、なかなか結婚できないことが多いです。

でも、結婚相談所に登録している人たちは、「本気で結婚したい人たち」です。

つまり、ここで出会う人たちとは結婚前提にお付き合いすることができます。
成婚率が高いのは、結婚したい人同士で出会えるからなのです。

2.好みの相手を見つけやすい
「周りに、良い人がいない」と困っていませんか?
結婚相談所なら大勢の人の中から「自分好みの人」を探せます!

街中で好みの人を見かけても「あ、素敵だな」で終わってしまいますが、結婚相談所で見つけた好みの人とは出会える可能性があるんです。

登録者数の多い大手の結婚相談所なら、自分好みの相手と出会える確率が上がります。

3.年収や職業が分かるから安心
飲み会で知り合った人に「ねぇ、年収いくら?」なんて聞けませんよね。
しかも独身男性に向けたアンケート結果では、「初対面で年収を聞く女は嫌だ!」という意見が上位にランクインしています。

とはいえ、結婚相手のお財布事情くらい把握しておきたいのが本音ではないでしょうか。
いざ結婚しようと思ったら相手が無職だった・・・なんてシャレになりませんよね。

結婚相談所なら、実際にデートする前に相手の年収や職業をチェックできるので、「最低このくらいの年収が欲しい!」という条件に合わせた相手探しが可能です。

しかも結婚相談所では、出会って数か月など1年以内に結婚する人がかなり多いです。
年収や職業が分かったうえで付き合うので、結婚後の生活がイメージしやすいのかもしれませんね。

4.気軽に交際を始められる
自分にピッタリの結婚相手を見つけるためには、いろいろな人と付き合ってみるのが理想的ですが、実際はそうもいきません。

「付き合って気が合わないから、ハイ、さようなら」と簡単に済まないケースが多いからです。
優しい人だと別れ話を切り出せなかったり、相手に申し訳なくてダラダラ付き合い続けてしまうということもあると思います。

でも、結婚相談所ならそんな心配がありません。
結婚相談所では、デートの誘いやお付き合いを直接断る必要がないからです。
スタッフが間に入ってくれるので、「申し訳なくて言い出せない」なんてこともありません。
良いなと思う人がいれば、どんどん積極的に交際すればいいのです。

優しくて相手のことを考えすぎてしまう。
そんな人こそ、結婚相談所で自由に相手探しを始めるのがオススメです。

5.困った時のアドバイザーがいる
なかなか結婚できない人の中には、異性と話したりコミュニケーションをとるのが苦手だという人もいます。

結婚相談所に入会すると担当者がつくので、「こんな時はどうしたらいいか」とか「なかなか会話が続かない」といった相談ができます。
友達や家族に相談するのと違って、他の人に言いふらされてしまう心配もありません。

困った時に信頼して相談できるプロのアドバイザーがいることも、成婚率が高い理由の1つです。

<中見出し>逆にデメリットも。
結婚相談所のメリットはたくさんありますが、もちろんデメリットもあります。

一番ネックになるのは「費用」です。
結婚相談所に登録するためのお金(入会金や登録料)や、月会費、イベント費、成婚料がかかります。

登録する紹介所によって費用はバラバラですが、インターネットの登録サイトで3~5万円、大手の仲介型結婚相談所だと30~40万円ほどかかることが多いようです。
毎月2~5万円ほど月会費もかかるので、相手がなかなか見つからないと出費がどんどん増えてしまいます。

一生に一度、自分への大きな自己投資ですね・・・!

でも、結婚相談所に登録したからといって100%結婚できるわけではありません。

結婚相談所では、「顔写真」「職業」「年収」「年齢」など相手のプロフィールを見て「デートするかどうか」判断します。

ちょっとシビアな話になりますが、容姿があるていど良くないと「会いたい!」とは思ってもらえません。綺麗な人、かっこいい人と付き合いたいと思うのは自然なことです。

また、子供が欲しいと強く願う男性は「若い女性」を好みますし、楽な生活を送りたいと思う女性は「年収の高い男性」を好みます。

このように、プロフィール情報で不利になってしまう人がいるのも事実です。

「会えばいい人」、「会えば魅力的な人」だとしても、プロフィールが相手に気に入ってもらえないと結婚相談所で出会えるチャンスが激減します。

でも、人気のある結婚相談所はスタッフ(コンシェルジュ)がしっかりとしたプロなので、プロフィール的に不利な人にも良い相手をセッティングしてくれます。

「とりあえず結婚相談所に入っておけばいいだろう」という考えはNGです。
デメリットをカバーできるような人気の高い結婚相談所を選ぶようにしてください。

<中見出し>結婚相談所での出会いについて、まとめ。
まとめると、結婚相談所が向いているのはこんな人です。

「良い出会いもないし、付き合った相手ともなかなか長続きしない、結婚までなかなか進展がない・・・お金をかけてもいいから、早く良い相手と結婚したい!」

結婚相談所には本気で結婚したい男女が集まっているので、より短期間で結婚できる可能性が高いです。
相手の年収や職業がハッキリしている安心感がありますし、登録者の多いところなら自分好みの相手が見つかるのでいい出会いが増えます。

入会金や年会費などコストがかかるのがネックではありますが、一生に一度の自己投資と割り切って登録するのもいいかもしれません。

<中見出し>結婚相談所で知り合って結婚した場合、結婚式で「馴れ初め」を隠すことってできますか?

結婚相談所を利用したということは決して恥ずかしいことではありませんし、特に周りに隠すことでもありません。
でも人によっては、「言いたくない」とか「なんとなく嫌だ」という人もいますね。
馴れ初めを知られたくないというのは、特に女性の方が多いような印象です。

結論から言うと、結婚式で馴れ初めを隠すのは簡単です。
「ウソをつきたくない、でもホントのことも言いたくない」のなら、馴れ初めはサラリと話してしまいましょう。

実際に結婚式でよく使われる例としては、このようなものがあります。

「知り合いの紹介で出会い~」
「趣味を通じて出会い~」
「〇〇レストランでの食事をきっかけに~」

馴れ初めに注目が集まらないポイントは2つです。

1.初デートの話をメインにする
2.お互いの第一印象の話をメインにする

馴れ初め部分は簡単に話して、すぐに「初デート」もしくは「お互いの第一印象」の話にシフトしましょう。

どうやって出会ったのか(馴れ初め)よりも、結婚に至った理由をメインに話すイメージです。

「馴れ初めを隠したい!」という思いが強い人ほど、「どうやって話そうか・・・怪しまれないかな?バレないかな?」と不安に感じるかもしれません。
でも周りは、意外と気にしていないものです。

それに2人しか知らない「馴れ初め」を長々と話すより、「初デートでこんなエピソードがありました」とか「この人のこんなところに惚れたんです!」という話の方が式も盛り上がります。

馴れ初めが離せないとネガティブに考えず、「代わりに何を話そうかな?」とポジティブに考えてくださいね。